俳人 松雄芭蕉が「おくの細道」で「三里に灸をする・・・」とあるので、実際「足三里(あしさんり)」はどんな効能があるのか調べてみました。

「消化器疾患、脚気、坐骨神経痛、半身不随、ノイローゼ、腹部一切の疾患に用いる、長寿穴ともいう」とあります。

旅をするにはかかすことのできない「つぼ」だったのですね。

昔も今も変わらない重宝な「つぼ」は、うれしいですね。

 

ashisanri足三里のつぼをご紹介しましょう。

向うずねを骨に沿って、親指で軽く下から擦り上げていくと、骨の膨らみにあたって止まります。

この部より親指の幅だけ外側が、三里のつぼです。