こうしてパソコンのキーをたたいている私、仕事に趣味に勉強に旅行にパソコンは今なくてはならない私です。
以前洗濯機が故障したことがありました。、修理依頼をし来て頂けるまでの待つ時間に手洗いをしました。随分と時間がかかりまた疲れてしまいました。洗濯機の有難さに気づきました。
時代はどんどんと進化発展していきます。その中に「有難い感謝のこころ」は忘れてはなりません。「物と心」切っても切れない関係です。

私は団塊の世代の人間です。1学年十数クラスというマンモス学年です。
友達のご好意によってその600数名、またその頃の先生方もお声かけし、同窓会が開催されました。出席してきました。残る人生にまたひとつ思い出ができました。
かけた時間とたいへんな労力を費やされたことと思っています。
有難いことです。
この心を忘れず残りの人生を過ごしていこうと思っています。

20150530-01