今日は5月2日。ゴールデンウイークの谷間です。
昨日までの暑いくらいの晴れやかな天気はどこへやら、次第に空模様が曇っていくようです。午後からは雨らしい。

昨日、お寺のお庭に咲いている利休梅を頂戴しました。
白い桜の花ような、利休梅が部屋の空気を和らげてくれてます。

利久梅は、茶花に使われることから、茶人の千利休にちなんで利休梅と名づけられたとか。
頂戴した利休梅は、店に、待合室に、和室と床の間に生けました。

花言葉は「控えめな美しさ」「気品」だそうです。上品できれいです。

花は部屋の雰囲気を変えてくれます。格を上げてくれます。
また花によっては、咲く瞬間にエネルギーを出すのもあり、その部屋を良い気にしてくれる花もあるそうです。

部屋に何にもないと寂しいですし、一枝ちょこっとあるだけでも、嬉しくなります。
花と人は切っても切れない関係ですね。

 
20180502-01